【耐久消費財“Durable Goods”】
自動車やテレビなどのように、長期間使用できるものを意味する。
反対に食料品など、使用すると無くなるものは「非耐久消費財」という。

【短期金融市場】
資金取引の中で、1年未満の短期的な金融資産が取引される市場のこと。
参加者によって「インターバンク市場」と「オープン市場」の二つに分類される。

【短期金利】
短期金融市場における取引レート。

【短期プライムレート】
民間金融機関の返済期間が1年未満の短期貸出金利で、信用のある企業に対する貸し出しの最優遇貸出金利のことをいう。
金利改定は各金融機関が頻繁に行う。

【中間生産物】
生産したものが、また何かの生産のために使われるもの。GNP計算などではこの中間生産物がダブルカウントされないように差し引く。

【中央銀行】
日本銀行であり、「通貨の番人」とも呼ばれる。
金融政策において、物価の安定、経済成長と雇用の維持、国際収支の均衡を最終目的としている。

【長期金利】
長期金融市場における取引レート。
代表的なものは10年国債利回りなどがある。

【直接金融】
株式や債券などを発行することによって、金融市場から資金を調達することを意味する。