【通貨当局】
通貨の発行を担当している機関のことで、日本では日本銀行と財務省を指している。

【ディスインフレ】
インフレの状態が終息すること。

【ディマンドプルインフレ】
インフレーションの一種で、需要の伸びが供給に追いつかなくなってしまい、物価上昇が起こること。

【デフレーション“Deflation”】
「デフレ」とも呼ばれ、インフレーションの反対語である。
物価が持続的に下落することを指している。
相対的に購買力が低下してしまい、経済が停滞する状態になってしまう。

【デフレ・ギャップ】
デフレーション前とデフレーション後の価格の差を意味する。
例えば、デフレ前に1000円だったものがデフレ後900円になると、デフレ・ギャップは100円となる。

【デフレスパイラル】
デフレによって消費が落込み、企業が業績悪化となる。
そうすると所得が減少してしまい、さらに消費が落込んでしまう。
こういう不の連鎖を意味している。

【デリバティブ“Derivative”】
スワップ、オプション、先物などにはリスクがつき物だが、そのリスクを回避、あるいは軽減するために開発された金融商品のこと。
「金融派生商品」とも呼ばれる。