【ユーロ】
「ユーロ“EUR”」は1999年1月1日からヨーロッパで始まった法定通貨である。
1998年12月末の実勢レートによって各国通貨の換算率が決定された。
なお2001年1月1日以降は決済通貨として認められている。
ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストリア、フィンランド、ポルトガル、アイルランド、ルクセンブルク、ギリシャが加盟国はとなっている。

【輸入代替工業化“Import Substitution”】
従来輸入していた製品などを自国で生産すること。
別名「幼稚産業保護政策」とも呼ばれている。

【輸入の安全弁】
景気が加速度的に高まると需要の上昇に供給が追いついていけないため、足りない供給分は輸入に頼ること。

【良い金利上昇】
一般的に良いとされている金利上昇の順番。
経済対策をして本格的な景気回復が始まり、金利上昇へと続くという順番が最適と言われている。

【預金準備率】
日銀に預金を預ける所要準備額を決める率のこと。
預金準備率を変えることによって金融機関の支払準備預金を増減させるという金融政策手段となる。