【累進課税“Progressive Taxation”】
所得が増えれば増えるほど、所得税や住民税などの税率が大きく設定されること。

【列島改造景気】
1971年12月~1973年11月の23ヶ月の間の景気拡大を目指した期間。
1972年に発足した田中内閣の「日本列島改造論」による上昇景気である。

【連邦準備制度理事会“Federal Reserve Board”(FRB)】
議長以下7人の理事で構成される理事会。
公定歩合や支払準備率の変更、及び連邦公開市場委員会(FOMC)に参加して公開市場操作の方針決定、連邦準備券の発行、回収の監督にあたっている。

【労働生産性】
労働者一人当たりの生産量を示すこと。
「労働生産性=生産量÷労働量」となる。
機械を利用したり技術が進歩したりして低下することになる。
しかし、すべてが機械で生産されることになると失業問題が浮上する。

【割引債】
債券の中で額面より割り引いて発行されるもので、期限がくると額面で償還されるというもの。

【悪い金利上昇】
一般的に、経済対策するが、財政赤字が拡大してしまい金利上昇することをいう。