【いざなぎ景気】
1965年10月~1970年7月の経済成長期をいざなぎ景気と呼ばれている。
戦後最長の57ヶ月だったので命名された。
民間の設備投資と3C(car、cooler、colorテレビ)などの個人消費が急増したために景気が拡大した。

【イールドカーブ】
債券の利回りと残存年限の関係を表わす曲線をこう呼ぶ。
横軸は償還まで年限ごとの残存期間、縦軸には利回り(イールド)を指している。
年限ごとの利回りをプロットした時の点を結んだときにできる曲線(カーブ)を指す。
利回り曲線とも呼ばれている。

【一般会計】
日本の予算の中心となるもので、国や地方公共団体の通常の歳入・歳出をまとめたものを一般会計という。

【インカムゲイン“Income Gain”】
株式の配当による収入を意味する。

【インターバンク・レート】
外国為替市場で決定される為替レートのこと。
別名「銀行間相場」とも呼ばれている。
このインターバンク・レートを基準として「カスタマー・レート(対顧客相場)」が決まることになる。

【インフレーション“Inflation”】
単に「インフレ」とも呼ばれる。
物価が持続的に上昇することを意味していて、一般的に通貨量が増えたときや好景気のときにインフレになりやすい。
反対に、物価が下落することを「デフレーション“deflation”」という。
原因は紙幣、信用、為替、賃金、コスト、需要、輸入などがある。